時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

無為に時を過ごす喜び

自分が胸を張って、他人に薦められるものってなんだろう。
たとえば、漫画にせよ音楽にせよ、感性、価値観に違いにより、そのものの見方は、個人個人で大いに違ってくる。
それでも、それでも他人に薦めずにいられない、そんなものが誰にもあるはずだ。
だから、ここで薦めておく、漫画を。
少しずつ解説を入れていくけど、さわりには触れたくない。
自分で何かを感じてほしいし、妙な先入観を持ってほしくない。
本当に、人にものを勧めるって、難しいね。
まぁね、何でかって言うと、再度ガガガみて、面白かったから。


・GUNSLINGER GILR
個人的な呼び方はガガガ。
この呼び方好きだ。
まぁ、なんていうか、あまりに哀しすぎる。
物語自体に夜悲しさはそれほどでもないのだが、如何せんその設定自体がもう哀しい。
それに加えて、時折見せる一つ一つの言動が、なおそれを増す。
今日のタイトルもここから引用。
テレビでも放映されたけど、テレビのほうは映像がきれいだった。
なんていうか、イタリアの街がすごく綺麗で、よかった。
行った事ないけど。
あと、若干の話の内容の変更も、良い部分もあった。

・天
言わずもがな、というほど有名な漫画だ。
麻雀という内容もさることながら、独特の雰囲気がいいね。
この人の書く漫画は、やっぱり台詞回しがすごく好きだ。
天に関していえば、赤木がやはりすばらしい。
「勝負の最中は頭など使わず、ただ感じて殉ずればいいのさ」という台詞は、自分の中ではもう、標語になりつつある。
カイジでもアカギでもいいけど、とにかくお勧め。

・苺ましまろ
なんていうか、非常にシュール。
ジャンル的にはギャグ漫画なのだろうけど、そのギャグの内容がいたってシュールすぎる。
俺自体が、基本的にぶっ放した設定や、シュールなものに向かう傾向があるので、この漫画は好きだ。
ただ、万人受けするかと問われれば、それは微妙なところよね。

・エルフェンリート
これは、どちらかといえばぶっ放し系。
YJで最近までやってたやつだ。
いや、ここで殺すのかよ、みたいなぶっ放し。
そこになぜだかはまった。
でも、これも万人受けするかどうかは微妙なところ。

・<番外>マリア様がみてる
いや、正直、どこが面白いのかと聞かれると、答えに窮する。
強いて言えば、設定と雰囲気かなぁ、とは思うが答えずらい。
それでも面白いと思うし、なんとなく読んでしまう。
ライトノベルだからあえて番外にしたけど、漫画のほうは微妙。
う~ん、どこが面白いんだろうか。
みてるみてる、みたいな?


まぁ、個人的に勧めるのはこの辺かなぁ。
あまり知られてない所を挙げてみたけど、全部有名といえば有名なんだよね。
ほかにも面白いと思うのはたくさんあるし、挙げていたらきりがない。
とりあえず、ここに挙げたのはお勧めだ。

ああ、人に勧めるの、下手だな。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 17:33:31|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

戒音

09 | 2005/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。