時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

10ヵ月ぶりの更新

久しぶりに自分の書いた文章を見直してみた。
本家に今なお形として残っている、私の書いた文章だ。

なるほど、文体、語録、それは確かに私のもではあるが、今の私ではない、別の私のものであることを再認識できた。
しかし、贔屓目なしに見ても、名言、面白い言い回しはそこそこの数を確認することもできた。
故に、今の私がそれを許すはずもなく、かつての私を凌駕するために文章を創作するわけだ。

そういうわけで、実に10ヵ月ぶりとなるが、本家サイトのコラムを更新してみた。
タイトルは実に明快、「世界最大の不幸」である。
皆様方は、このタイトルからどのような内容を想像するのだろうか。
また、その想像を私は裏切ることができるのか。
実に楽しみである。
少しでも興味がわいたならば、ブログ左欄のリンクから私の本家サイトであるPremiere amour a petite soeurに飛んでくれ。
期待を裏切らない、ハングリー精神満載な世界に迷い込むことができるだろう。
もちろん、そこに出口が存在することなんてありえないが…


…どうでもいいけど、Premiere amour a petite soeurなんていうフレーズ、よくもまあ考え付いたもんだね。
我ながらどういう思考構造してるのか理解できないわ。
でも、それが俺なんだよね。
  1. 2007/05/20(日) 21:12:49|
  2. 日想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

戒音

04 | 2007/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。