時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Nocturne

ヤバイ…
その場ののりで「この俺様が神託をする」とか言っておいて、すっかり忘れてた。
更新したら、1ヶ月以上アクセスなかったのに、2人くらい見てるし。
この暇人どもめ、なんて思いながらも、何かしないといけない。
そういうわけで、今日は天気がよかったし、更新するという転機もあったし、転記しよう。
しかも懐かしいやつ。
今度マジで何か書くから、今日はこの辺で勘弁してください。
それでは、どうぞ。



Nocturne

何処までも限りない空に躊躇いを
終わりない螺旋のように繰り返していた頃
時間を追いかけ記憶と戯れていた
今はあの想いさえ思い出せない

静かな場所で人知れず笑った彼女の姿が
今でもそっと僕を見つめて優しく微笑んでくれる

何時しか見なくなった貴女の夢を
あの頃と変わらないこの空に重ねる

静かな夜の喧騒に立って何時待てば出会えるのかと不安に思ったそんな頃が懐かしい

静かな場所で綺麗に笑った彼女の姿が
今ではずっと忘れてた大切な過去を思い出させる

微睡む夢の中で目を閉じて悲愴を歩いてた
ふと思い出したあのときの貴女が目覚めを遮る
何の運命も終焉もなく無邪気に笑っていた
ふと思い出したあのときに貴女が記憶を遮る

優しい日差しの下で僕はこの空に
惨烈な軌跡の果てを少し感じていた
終わらない奇跡の中で僕は…
貴女の名を夢に浮かべ醒めて忘れるまでずっと泣いてた

au revoir premier amour


スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 23:53:44|
  2. 言葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<mixier宣言 | ホーム | りりかるりりっくりくる~と>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soeur.blog7.fc2.com/tb.php/127-5830b68e

戒音

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。