時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

しゅれでぃんが~のにゃんにゃん

矛盾、という話を考えていたとき、ちょいと考えたのがこの「シュレンディンガーの猫」と呼ばれる話。
まぁ、知っている人は知っているだろうけど、知らない人は知らないだろうから、一応概要を書いておこう。

まず、フタのある箱を用意する。この中に猫を一匹入れる。箱の中には他に、放射性物質のラジウム、粒子検出器、さらに青酸ガスの発生装置を入れておく。

もし箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これを検出器が感知し、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、猫は死ぬ。しかし、アルファ粒子が出なければ検出器は作動せず、猫は生き残る。

この実験において、ラジウムがアルファ粒子を出すかどうかは完全に確率の問題である。仮に1時間でアルファ粒子が出る確率が50%として、この箱のフタを閉めて1時間放置したとする。1時間後、猫は生きているだろうか。それとも死んでいるだろうか。

通常、我々は箱の中に猫がいても、それが死んでいるか生きているかを言うことができる(=記述することができる)。確かに確率を用いて記述することもあるが、原理的には猫の状態は死か生かの二通りしかない。

量子力学では観測前の猫の状態は原理的に生と死の重ね合せの状態であり、状態はシュレーディンガー方程式に従って決定論的に変化する。つまり、箱の中の猫は完全に死んでいる状態と完全に生きている状態が重なり合っている(半分、という状態がどこにも存在しないことに注意)という奇妙な状態が続いていると考える。

しかし観測結果は、常に生きている猫と死んでいる猫のどちらか一方である。


とまぁ、wikiによるとこんな話だ。
矛盾という話については、説明する必要もないだろう。
むしろ、知らない人は、これ以降読んでも理解できないので、ここで閉じたほうがいいと思う。

さてさて、矛盾とシュレディンガーの猫、一見つながりはなさそうだが、私の中ではつながった。
それはつまり、
「すべてを貫く矛ですべてが貫けない盾を突いた場合」
を考えてのこと。
この場合、一体どういうことになるのだろうか。

小説家の星新一氏は、これと似たような話を書き、結論としては、地球がなくなるということを導いた。
それでは、私戒音はどのような結論を導くのか、そういう内容である。

結論から先に言おう。
私の結論としては、
「世界が三つに分離する」
と出してみた。
つまり、このお題に対して、答えが三つ出る、ということである。

その1:矛が盾を貫く世界
これはもうそのままの意味で、結果として矛が盾を貫いたという結論に至るのみ。

その2:矛が盾を貫けなかった世界
これもそのまま。
盾が防ぎきったという結果のみが残る。

その3:矛が盾を貫きつつ、且つ矛が盾を貫けない世界
これこそが、シュレディンガーの猫を想起した部分。
つまり、結論としてありえない世界だ。
しかし、これをありえると考えた場合、この世界は存在する。
まぁ、面倒くさい説明を省くと、時間として止まってしまう。
永遠の世界、ということになる。
だが、永遠はこの世に存在できない。
永遠が存在できない理由も、まぁ面倒くさいので省略。
私の日記か、雑記か、なんか適当に呼んでみればその理由が書いてあると思うので、知りたければ読んでくれ。

まぁ、世界が分離してしまうわけだ。
これこそがシュレディンガーの猫にも当てはまる個人的回答でもある。
いや、ただの電波だと思って流してくれてかまわないよ。


で、本題。
今日、ついに小泉第三次内閣人事が発表された。
官房長官に安倍晋三氏、外務大臣に麻生太郎氏が起用された。
個人的には、GJな人事。
何気に特定アジアからマークされている二人、この二人を重要ポストに起用したということは、小泉さんはやる気だ。
是非とも良い方向に変えていってほしい。

まぁ、個人的には麻生太郎氏がすごく好き。
なんていうか、とても面白人物だ。
例えば、こんな話。

麻生 今、やっぱり、日本のカルチャーをもっとも支えてるのは、一番で言ったらアニメーション。二番がコミックで、僕は間違いないと思うけどなあ。だって,無視できな<なって、カンヌ映画祭もついに『干と千尋の神隠し』でしょ。次にハリウッドも賞出したわけでしょ。出さざるをえない。『タイタニック』上回ったんだぜ、興行収入。すごいことだと思うよ。『千と千尋』で,外国人がたまげるのは、あれ、多神教ですもんね。神様がいっぱい出るからね。多神教っていうのはヨーロッパには、ギリシャ以外ないでしょ。キリスト教にしても、イスラム教にしても、ユダヤ教にしても一神教でしょ。あれは多神教の極みでしょ。.だからその意味じゃ、あれは、日本のカルチャーそのものですよ。それから、あの.えらい流行ったやつ、なんだっけ、アメリカでやたら流行った…

記者 アニメですか?

麻生 ポケモン。『ポケットモンスター』。あのいちばんおもしろいところって、あれ、しゃべんないんですよ。ポケットモンスター自体はしゃべんない。だけど、ちゃんと意志が疎通するわけですよ。これはね、完全に日本のカルチャーなんですよ。「ピカッチュウ」と「ピカッピカッチュウ」、このふたつで全部通じる世界でしょ。アメリカ人にとっちゃあ、全く考えられない世界ですよ。その影響するところ、ものすごく大きいと思うけどね。

記者 そういうお話、おもしろいですね。

麻生 なんで?

記者 いや、そういうこと考えなかったですね。おもしろいな。

麻生 ちっともおもしろくない。見てりゃ分かるって。


これはご本人のサイトより引用したものだが、なんていうか、非常に面白い人だ。
何気に、めちゃめちゃ良家の血を受け継いでいるし。
今日の記者会見においても、
「ポスト小泉における敵はマスコミ」
なんていう発言をしていたくらいだ。
がんばってほしい。
俺は応援する。
例え森総理のように、マスコミにつぶされようとも。

別にどこの政党を支持しろとか、誰を信じればいい、なんてことをいうつもりはない。
ただただ、自分たちできちんと判断してほしい。
そうして出た結論ならば、きっと誰よりも誇らしいものになる。
その一歩が、民主主義においてとても重要なことなのだ。

みんなも考えてほしい。
自分が住む国、それを支えてくれる人たちのことを。
みんなも考えてほしい。
今も変わり行く情勢のことを。
そして少し動いてほしい。
私とあなたの幸せのために。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 23:10:04|
  2. 考察|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<○なみけ | ホーム | 無為に時を過ごす喜び>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soeur.blog7.fc2.com/tb.php/22-f780f76a

戒音

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。