時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

これが、今の俺にできるすべて

追想

永く…永く続くこの世界の果てに
僕は今も何か求めているのだろうか
遠い…遠い空にあの日と君が浮かび
僕は今もきっと受け入れられないのだろう

叶わない永遠の望みに身を委ね
僕はそっと消える

もう帰れない変わらないあの思い出に
きっと僕は生きている

深く…深く沈む過去の痕を
僕は未だ消せず明日を見ることがないけれど

届かない過ぎ去りし季節に
輝かしい答えを見つけたから

そして変わり行く今も変わり行くこの一時に
愛しい君と生きてゆく



スポンサーサイト
  1. 2006/05/16(火) 13:09:29|
  2. 言葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<これが、今の彼女にできるすべて | ホーム | 天才による転載~恥ずかしい文章たち~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soeur.blog7.fc2.com/tb.php/53-b892d447

戒音

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。