時間越しの景色

冬の野山の寂しげな雪たちも、時間越しの景色にはきっといないんだろうな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ネタあっての話種

日記更新しなかったらサボりかよ

いや、この台詞いろいろと応用が利くね。
某ラジオドラマのインスパイヤだけどもさ、本当にいろいろ使える。

外に出なかったら引きこもりかよ

ネトゲやり続けてたら廃人かよ

ほらね、何でも使える。
これはもう、使うしかないね。

まぁ、ほかにネタはないのだけれどね。
例えば、デルタブルースとポップロックがオーストラリアで行われている伝統あるG1のメルボルンカップを1、2着で占めた、ということを書いても、誰も気にはしない。
それに、そんなことは適当にニュースサイトを回ればわかることで、いまさら俺が書くようなことでもないのさ。

そして、更に書きたくないことは、日常。
そりゃあ昔は書いていたともさ。
無理やり、毎日、特に何もない日でもね。
だが、よくよく考えてみれば、ここは公の場であって、そんな個人的な日常を淡々と書き連ねて、何が面白いのだろうか、と思った。
自分の日記をネット上に公開することは、これほど意識を下げてしまうことなのだろうか。
謂わば、公開自慰、駅前で自慰行為にふけるのとなんら変わりないのではないか、そう思ってしまう。

そのくせ、ひとたび他人から批判を浴びるようなことがあれば、被害者面。
「自分が好きで書いてるんだから邪魔しないで」なんてね。
それに加え、馴れ合いだかなんだか知らないが、それに賛同、加えて擁護をする住人たち。
なんと言っていいやら、もう言葉がない。
そこまで他人に見られたくないのならば、公開なんてしなければいいのに、後で後悔するくらいならね。
だから、つまらない日記なんかあったら、どんどん批判していいと思う。
だって、そのために公開してるんだよね?

MNPの行く末を眺めながら、ふと思った、そんな最近の話。

ネタに詰まったら批判だろ
スポンサーサイト
  1. 2006/11/09(木) 22:44:16|
  2. 日想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ゆとり教育の弊害 | ホーム | めにめに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soeur.blog7.fc2.com/tb.php/86-2f98b39f

戒音

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。